おすすめリズムカード

授業の基本

元音楽教師が選ぶ、リズム学習におすすめのアイテム

元中学校音楽教師のめりーです。授業やレッスンに役立つアイテムをご紹介します。

説明を聞いたり本を読んだりしても、なかなか理解しづらいリズム拍子

音符や休符の長さを感覚的に理解し、練習問題で反復して慣れることが大切です。

というわけで、この記事では、そんなリズムや拍子の学習に役立つアイテムをご紹介します。

授業やレッスン、ご自宅での学習用に購入を検討されている方の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

リズム学習におすすめの市販アイテム

リズム積み木

国立音楽大学が制作したこちらの積み木。

表面は音符、裏面は休符が描かれている積み木で、それぞれの長さに従って大きさが異なっています。

目で見て、実際に触りながら、音符や休符の長さを理解することができます。

ちょっと値は張りますが、遊びながら音楽を学べるので、音楽教室での導入や小さなお子さまへのプレゼントにも良いですね。

みんなだいすき!リズムカード

市販のリズムカードはたくさんありますが、私のおすすめはこちら。

リズム積み木同様、音符や休符の長さに従ってカードの横幅が異なります。

おすすめポイントは、「リズムのおうち」という台紙が付いていること。

この「リズムのおうち」は4分の4拍子、4分の3拍子、8分の6拍子の場合の2小節分の長さになっています。

そこに、リズムカードを当てはめることで、拍子を感覚的に理解することができるというわけです。

音楽の授業では・・・

さて、リズム学習におすすめの市販アイテムをご紹介しましたが、どちらも、音楽教室や個人レッスン、自宅学習など少人数での学習向き

音楽の授業で、リズムカードを全員に配布するのはなかなか難しいですよね。(生徒全員分の積み木を購入なんてできない…)

そこで私は教員時代、

全体での説明→リズム積み木やリズムカードを使用

生徒個人の学習→別途ワークシート形式のものを配布

という形で、用途によって使用するものを分けていました。

どのようなワークシートかというと、

手作り音符カード

こんな感じで、音符・休符カードと台紙をA3版用紙に印刷するというだけのシンプルなもの。

リズム学習はもちろん、創作授業での(音符や休符の長さが分からない生徒の)確認用としても使っていました。

手間はかかりますが、一度作ってしまえばずっと使えるので、市販アイテムと合わせて活用してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、私が使用していたワークシートは、こちらのnoteで公開しています。PDF形式とWord形式の2種類をダウンロードできるのでよければご覧ください。

関連記事
リズム学習や創作授業に役立つ!音符・休符カード|めりー先生の音楽室|note
リズム学習や創作授業に役立つ!音符・休符カード|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

以上、この記事では、リズムや拍子の学習に役立つアイテムをご紹介しました。

♪音符や休符の長さに関する記事はこちら

♪拍子に関する記事はこちら

楽譜を読めるようになるには、リズムだけでなく音の高さも併用して学習する必要があります。

音の高さや音名の学習に役立つ音符カードは、こちらの記事で紹介していますので、よければご覧ください。

関連記事
元音楽教師が選ぶ、おすすめの音符カード
元音楽教師が選ぶ、おすすめの音符カード

続きを見る

-授業の基本
-, , ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室