音楽授業おすすめ本

授業の基本

音楽の授業に役立つおすすめの本(実際に読んでよかったものをご紹介)

元中学校音楽教師のめりーです。教員時代は休みの日に指導書や教則本を読み漁っていました。(マネしないでくださいね)

授業準備には欠かせない指導書や教則本

ですが、授業に関する本は世の中に溢れすぎていて、何を読めばいいか分からない!と思っている方も多いのでは?

そこで、この記事では、私が「読んでよかった!」「実際に授業で役立った」と思った本をジャンルごとにご紹介します。

中学校の授業に関する本が多いですが、全校種に共通する本も載せてありますので、授業準備の参考にしていただけたら嬉しいです。

1 指導案作成に役立つ本

中学校新学習指導要領 音楽の授業づくり

この本では、音楽授業における「主体的・対話的で深い学び」の意味や、それを授業にどう落とし込むかということが詳しく解説されています。

指導案作成時のヒントとして活用するのがおすすめ。

→【新学習指導要領対応】指導案の書き方やポイント、作成手順まとめ

研究授業や研修前に読んでおくと安心の一冊です。

2 合唱の授業に役立つ本

変声期と合唱指導のエッセンス

この本では変声期についての説明方法や具体的な声かけ、合唱指導のコツが分かりやすくまとめられています。

付属CDには、変声期を迎えた男子の実際の歌声(小学校5年生~中学校3年生)が収録されているので、授業で変声期の説明をするときに重宝していました。

→この本を活用した授業実践例【変声期と混声合唱】

→変声期の指導のポイント

超一流の指揮者がやさしく書いた合唱指導の本

歌声や音楽用語に関する基礎的な知識から、具体的な発声法・練習法まで合唱指導の全てが網羅されている一冊。

この本で紹介されているクイズやエクササイズを授業に取り入れるのがおすすめです。

授業合唱の実践 心を育てる合唱指導

少し古いものですが、合唱指導に特化した教則本です。

うまくいかないときの改善策や具体的な声かけが載っているので、特に合唱指導が初めての方や合唱指導に自信がない方におすすめです。

3 鑑賞の授業に役立つ本

クラシック名曲のワケ 音楽授業に生かすアナリーゼ

指導方法というよりかは、鑑賞授業前の教材研究に役立つ一冊。

魔王」や「フーガト短調」など教科書に掲載されている曲の分析が多数載っています。

授業準備に役立つだけでなく、自分自身の勉強にもなりますよ。

→「魔王」の授業実践例(指導略案・ワークシート)

→「フーガト短調」の授業実践例(指導略案・ワークシート)

音楽鑑賞指導入門

鑑賞指導のあり方や、鑑賞授業における評価の付け方が分かる一冊。

具体的な授業例がたくさん載っているわけではありませんが、どのようなスタイルで鑑賞授業を行うか悩んでいる方にはおすすめです。

音楽家ものがたり(ベートーヴェン・モーツァルト・ショパン)

作曲家についてのネタ探しには伝記を読むのがおすすめ!

こちらの本にはCDが付いているので、代表曲を聴きながら音楽家の人生に思いを馳せることができます。

小学生でも読めるような分かりやすい文章で書かれているので、学級文庫や音楽室に置いておくのもおすすめです。

4 創作の授業に役立つ本

「創作」成功の授業プラン

創作授業の指導案(少し古いので評価の観点は違いますが・・・)や授業づくりのヒントがたくさん載っている一冊。

主に器楽を用いた創作授業案が載っているので、授業でギター等を扱う方におすすめです。

5 楽典や音楽用語の説明に役立つ本

中学音楽をひとつひとつわかりやすく。

こちらは生徒向けの参考書なのですが、先生方が読んでも勉強になります。

音楽を専門としている私たちは、音楽を苦手とする生徒が何につまづくのか分かりづらいので、この本を読むと「ここはちゃんと説明しないといけないんだ」と気付くことがあります。

付属CDも付いているので、説明時の補足資料としても活用できます。

6 最新の音楽教育事情が分かる本

教育音楽

この本は音楽教師のバイブル的存在なので、やはり外せないですよね。

授業だけでなく、行事や部活動指導について特集が組まれることもあります。

最新の情報を知るには、この本は欠かせませんね。

私は気になるトピックの時だけ自費で購入していましたが、公費(音楽科の予算)で定期購読してくれる学校もありました。(その方が助かりますよね。)

さて、今回は私が実際に読んでよかったおすすめの本をご紹介しました。

ただ、いずれも音楽教育に役立つものばかりですが、市販の本には具体的な授業の流れやワークシートは載っていないことがほとんどです。

もし、各教材の進め方を知りたいのであれば、こちらのnoteも合わせてご覧ください。

教材ごとに授業実践例(指導略案・ワークシート)をご紹介していますので、お役に立てると思います。

というわけで、今回の記事は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。


きらきら星変奏曲解説

鑑賞授業

2022/6/29

実は恋の歌!?モーツァルト作曲「きらきら星変奏曲」を解説!

元音楽教師めりーです。今回は、あの有名な「きらきら星」について解説します。 「きらきら星変奏曲」という名で知られる、こちらの音楽。 モーツァルトが作曲したことでも有名ですが、実はこの曲は、ある音楽の旋律を引用して作られたもので、原曲は他にあるのです。 では、その原曲とはいったいどのような音楽なのでしょうか? というわけで、この記事では、そんな「きらきら星変奏曲」の原曲やその他のアレンジ、演奏・鑑賞時のポイントをまとめてみました。 目次原曲は恋の歌!「きらきら星変奏曲」の正式名称は?→変奏曲とは?原曲『ああ ...

ReadMore

音楽授業におすすめのミニゲーム

ゲーム・クイズ

2022/5/24

音楽授業のスキマ時間におすすめのミニゲーム「ドレミでクラップ」

元音楽教師めりーです。この記事では音楽授業におすすめのミニゲームをご紹介します。 ほんの少しだけ授業時間が余ってしまった… どんよりした授業の雰囲気を変えたい… そんな時に私が取り入れていたのが、ミニゲーム「ドレミでクラップ」! 所要時間は1~3分ほどで、サクッと授業の雰囲気を和らげることのできる活動です。 やり方は非常に簡単で、何の準備もいらないので、授業で困ったその瞬間に取り入れることができますよ。 それでは「ドレミでクラップ」の進め方をご紹介します。 ミニゲーム「ドレミでクラップ」の進め方 ①生徒そ ...

ReadMore

世界の民族音楽授業案

常時活動

2022/6/29

世界の民族音楽を楽しく鑑賞!おすすめの常時活動「ミュージックトラベル」

元中学校音楽教師のめりーです。民族音楽の授業にお悩みの先生方に提案があります。 世界の諸民族音楽について、 ・数種類の音楽を鑑賞し、教師による説明を聞いて、感想を書く ・ホーミーやケチャなどの民族音楽をみんなで体験する という活動を軸に、1~2時間扱いの授業を行う先生が多いと思います。 ですが、1時間の中で数種類の音楽を立て続けに聴くと生徒は途中で飽きてしまいがち。 それに乗り気でない生徒に無理に活動を強要すれば、かえって音楽へのマイナスイメージは強まってしまいます。 そこで、私が提案したいのは、民族音楽 ...

ReadMore

早春賦の意味やポイントまとめ

歌唱授業

2022/5/11

「早春賦」歌詞の意味や作曲背景などポイント総まとめ!

元中学校音楽教師のめりーです。過去の授業経験を基に「早春賦」のポイントをご紹介します。 春を待ちわびている人々の思いや朗らかな風景を表現した日本の名曲「早春賦」。 教科書にも掲載されているので、今まさに授業準備をしている、あるいはテスト勉強中という方も多いと思います。 そこで、この記事では、「早春賦」の歌詞の意味や作曲背景など学習する際に役立つポイントをご紹介します。 学生の皆さんはもちろん、これから授業を行う先生方のお役に立てれば幸いです。 目次「早春賦」のポイント1.そもそも「早春賦」ってどういう意味 ...

ReadMore

授業におすすめのミュージカル映画

鑑賞授業

2022/5/18

音楽授業で見せたいミュージカル映画のおすすめシーン

元中学校音楽教師めりーです。 音楽の授業でミュージカル映画を扱う際の難点は上映時間の長さ。 説明や振り返りなどの時間を考慮すると、鑑賞に使える時間は30分~40分くらいが妥当です。 ですが、「どの場面を見せるべきか分からないし、研究する時間もない!」とお困りの先生も多いはず。 そこで、この記事では、音楽授業におすすめのミュージカル映画と、各作品のおすすめシーンをご紹介します。 音楽授業におすすめのミュージカル映画 ①サウンドオブミュージック リンク ミュージカル作品と言えば「サウンド・オブ・ミュージック」 ...

ReadMore

雅楽が由来の言葉

鑑賞授業

2022/4/26

現在も使われている、雅楽が由来の言葉【鑑賞授業ネタ】

元中学校音楽教師のめりーです。雅楽が由来とされている言葉をご紹介します。 一見、私たちの生活とはかけ離れているように感じる雅楽。 ですが、普段当たり前のように使っている言葉には、雅楽を由来とするものも多くあります。 そこで、この記事では、現在も日常で使われている雅楽由来の言葉をいくつかご紹介します。 \雅楽についてはこちら/ 雅楽が由来の言葉 塩梅 一般的には、塩と梅酢の加減からきたと言われていますが、実は雅楽でも古くから篳篥の奏法のひとつとして、この言葉が使われていました。(ただし読み方は「あんばい」で ...

ReadMore

オペラとミュージカルを分かりやすく解説

鑑賞授業

2022/4/27

オペラとミュージカルの違いを元音楽教師が解説!

元中学校音楽教師めりーです。オペラとミュージカルの違いを分かりやすく解説します。 歌やダンス、演劇が楽しめるオペラとミュージカル。 なんとなく「オペラの方が古そう」「ミュージカルの方が楽しそう」など両者が別物であることは分かっているものの、どこがどう違うのか分からない!という方も多いのではないでしょうか。 そこで、この記事では私が教員時代に授業で説明していたことを基に、オペラとミュージカルの違いを解説します。 目次オペラとは?ミュージカルとは?オペラとミュージカルの成立背景は?オペラとミュージカルの違いは ...

ReadMore

ゲーム感覚で楽しめる活動例

ゲーム・クイズ

2022/5/24

最後の音楽授業におすすめ!ゲーム感覚で楽しめる活動例

元中学校音楽教師のめりーです。音楽の授業ネタをご紹介します。 年度末になると毎年頭を悩ませることになる授業おさめ(最後の音楽授業)の進め方。 通常通りの活動をした後、1年間のまとめを行うのが定番ですが、せっかくなら生徒が楽しめるゲームを取り入れてみませんか? この記事では、最後の音楽授業に使える、遊び要素の強い活動をご紹介します。 目次最後の音楽授業に使える活動例・イントロかるた・「崖の上のポニョ」選手権・音符でBINGO!・円でクラップ!・音楽クイズ~生徒からの挑戦状・思い出メドレーまとめ 最後の授業に ...

ReadMore

-授業の基本
-, , , , ,

© 2022 めりー先生の音楽準備室