音楽授業おすすめ本

授業の基本

音楽の授業に役立つおすすめの本(実際に読んでよかったものをご紹介)

元中学校音楽教師のめりーです。教員時代は休みの日に指導書や教則本を読み漁っていました。(マネしないでくださいね)

授業準備には欠かせない指導書や教則本

ですが、授業に関する本は世の中に溢れすぎていて、何を読めばいいか分からない!と思っている方も多いのでは?

この記事では、私が「読んでよかった!」「実際に授業で役立った」と思った本をジャンルごとにご紹介します。

中学校の授業に関する本が多いですが、全校種に共通する本も載せてありますので、授業準備の参考にしていただけたら嬉しいです。


スポンサーリンク

1 指導案作成に役立つ本

中学校 新学習指導要領 音楽の授業づくり

この本では、音楽授業における「主体的・対話的で深い学び」の意味や、それを授業にどう落とし込むかということが詳しく解説されています。

指導案作成時のヒントとして活用するのがおすすめ。

研究授業や研修前に読んでおくと安心の一冊です。

2 合唱の授業に役立つ本

変声期と合唱指導のエッセンス

こちらの記事でも紹介しているのですが、この本では変声期についての説明方法や具体的な声かけ、合唱指導のコツが分かりやすくまとめられています。

付属CDには、変声期を迎えた男子の実際の歌声(小学校5年生~中学校3年生)が収録されています。

私は中学1年生の授業(変声期と混声合唱)で、このCDを教材に活用していました。

超一流の指揮者がやさしく書いた合唱指導の本

歌声や音楽用語に関する基礎的な知識から、具体的な発声法・練習法まで合唱指導の全てが網羅されている一冊。

この本で紹介されているクイズやエクササイズを授業に取り入れるのがおすすめです。

授業合唱の実践 心を育てる合唱指導

少し古いものですが、合唱指導に特化した教則本です。

うまくいかないときの改善策や具体的な声かけの文言が載っているので、特に合唱指導が初めての方や合唱指導に自信がない方におすすめです。

3 鑑賞の授業に役立つ本

クラシック名曲のワケ 音楽授業に生かすアナリーゼ

指導方法というよりかは、鑑賞授業前の教材研究に役立つ一冊。

「魔王」や「フーガト短調」など教科書に掲載されている曲の分析が多数載っています。

授業準備に役立つだけでなく、自分自身の勉強にもなりますよ。

音楽鑑賞指導入門

鑑賞指導のあり方や、鑑賞授業における評価の付け方が分かる一冊。

具体的な授業実践例がたくさん載っているわけではありませんが、どのようなスタイルで鑑賞の授業を行えば良いか悩んでいる方にはおすすめです。

4 創作の授業に役立つ本

「創作」成功の授業プラン

創作授業の指導案(少し古いので評価の観点は違いますが・・・)や授業づくりのヒントがたくさん載っている一冊。

主に器楽を用いた創作授業案が載っているので、授業でギター等を扱うという方におすすめです。

5 楽典や音楽用語の説明に役立つ本

中学音楽をひとつひとつわかりやすく。

こちらは生徒向けの参考書なのですが、先生方が読んでも勉強になります。

音楽を専門としている私たちは、音楽を苦手とする生徒が何につまづくのか分かりづらいので、この本を読むと「ここはちゃんと説明しないといけないんだな」と気付くことがあります

付属CDも付いているので、説明時の補足資料としても活用できます。

6 最新の音楽教育事情を知るならこの本しかない!

教育音楽

この本は音楽教師のバイブル的存在なので、やはり外せないですよね。

授業だけでなく、行事や部活動指導について特集が組まれることもあります。

最新の情報を知るには、この本は欠かせませんね。

私は気になるトピックの時だけ自費で購入していましたが、公費(音楽科の予算)で定期購読してくれる学校もありました。(その方が助かりますよね。)

以上、私が実際に読んでよかったおすすめの本をご紹介しました。

また、素敵な本を見つけたら、追記していきますね。

市販の本には具体的な授業の流れやワークシートは載っていないことがほとんど。私のnoteでは過去の授業実践例を公開しています。ワークシートもダウンロードできるので、よければご覧ください。

関連記事
めりー先生の音楽室|note
めりー先生の音楽室|note

続きを見る

-授業の基本
-, , , , ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室