音楽夏休みの課題

自習課題

音楽と美術の合同課題「オリジナルCDジャケットをつくろう」は鑑賞授業のまとめや夏休みの宿題におすすめ!

元中学校音楽教師のめりーです。音楽の先生方、教科横断的な学習は取り入れていますか?

様々な教科・分野の専門家が集まっている学校。

せっかくなら他教科とコラボした授業を行いたい!と、私は過去にいくつかの教科と連携して授業を行ったことがあります。

今回は、その中から、美術科との合同課題「オリジナルCDジャケットをつくろう」という活動をご紹介します。

美術科教員と連携して事前に準備する必要がありますが、他教科とのコラボ学習の中では比較的ハードルが低いですし、鑑賞授業のまとめや夏休みの宿題におすすめなので、参考にしていただけたら幸いです。


スポンサーリンク

活動の進め方

曲を聴いて得たインスピレーションを基にCDジャケットを作るという課題なので、流れも非常にシンプルです。

step
1
対象曲の鑑賞

鑑賞教材や生徒の好きな曲など、対象曲は何でも良いですが、全員同じ曲を対象とするのがおすすめです。評価が付けやすいですし、同じ曲を聴いたはずなのに人によって捉え方が違うということがよく分かり、作品発表会も楽しめます。

step
2
CDジャケットの作成

音楽や美術の授業時間を使っても構いませんし、自習課題や長期休みの宿題としてもOKです。

step
3
作品発表会

廊下に並べたり、授業内でお互いの作品を見て回ったり、やり方は様々です。

私の活動実践例

私は美術科と合同で夏休みの宿題とし、対象曲は合唱コンクールの課題曲に設定していました。

生徒には、白色の画用紙を配布し、以下の通り、表面はCDジャケットのデザイン裏面が解説文となるように作成させます。

オリジナルCDジャケット

CDジャケットのデザインについては美術教員、解説文については私(音楽教員)が夏休み前の授業内で説明し、作品提出後にはそれぞれ評価も行っていました。

また、音楽準備室にCDの空ケースがたくさんあったので、その中に生徒たちの作品を入れ、教室内にCDショップのように陳列し、みんなで見て回って作品発表会としました。

どのCDを購入したいかという観点で、生徒たちに投票させ、「売り上げ一位を発表!」なんて言いながら人気の作品を紹介すると、盛り上がりましたよ。

必要な準備

活動を進めるにあたって準備するものは以下の3つです。

準備するもの

・適当なサイズに裁断した白色画用紙
・課題説明時のプリント
・投票用紙

デザインや解説文を書かせるにあたって、事前に条件や作成のポイントを説明しておかなければ、生徒もどのように課題を進めて良いか分かりません。

ゆえに、課題説明時のプリントが案外重要となってきます。

私が生徒に配布していたプリントはこちらからダウンロードできますので、よければ参考にしてみてくださいね。

関連記事
中学音楽 授業ネタ【オリジナルCDジャケットをつくろう】説明プリント|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 授業ネタ【オリジナルCDジャケットをつくろう】説明プリント|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

というわけで、この記事では美術科との合同課題「オリジナルCDジャケットをつくろう」をご紹介しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

この他にも授業実践例等を多数公開していますので、よければこちらも合わせてご覧ください。

関連記事
めりー先生の音楽室|note
めりー先生の音楽室|note

続きを見る

-自習課題
-, ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室