おすすめの音符カード

授業の基本

元音楽教師が選ぶ、おすすめの音符カード

元中学校音楽教師のめりーです。自身の経験を基に、授業やレッスンに役立つアイテムをご紹介します。

「楽譜が読めない」「音名が分からない」等の悩み解決に役立つ音符カード

音の高さや音名・階名を楽しく学べる便利アイテムですが、たくさん種類があるので、どれを使えばいいか分からない!という方も多いのでは?

そこで、この記事では、授業やレッスン、ご自宅での学習用に購入を検討されている方に向けて、おすすめの音符カードをご紹介します。


スポンサーリンク

音符カードおすすめ3選

1 ポケモンおんぷカード

大人気キャラクターと一緒に楽しく学べる音符カード!サイズは102×65mmです。

可愛いだけでなく、実用性も抜群なんです!

おすすめポイントは、鍵盤の位置が示されていること。

表面には五線譜上の全音符、裏面には音名(ドレミ、ハニホ、CDE)と鍵盤の位置が書かれているので、楽譜は読めても、鍵盤での位置か分からない!という方にぴったりです。

そして、調号と変化記号のカードが付いているのもポイント。

音符カードと組み合わせて使えば、より理解が深まりますし、キャラクターと一緒なら調号を覚えるのも苦ではありませんね。

2 ぷっぷるのおんぷカード

ヤマハから発売されている音符カード。サイズは2種類あります。

大きめ(210mm×148mm)

小さめ(102mm×65mm)

こちらのおすすめポイントは、何と言っても見やすさ

表面には五線譜上の全音符、裏面には可愛らしいキャラクターとともに、音の読み方が日本語イタリア語ドイツ語英語で書かれています。

加線4本まで記載されているので、幅広い音域を学習できるのもいいですね。

3 みんなだいすき!おんぷカード

学研から発売されている音符カードです。こちらもサイズは2種類。

大きめ(179×131mm)

小さめ(102×65mm)

おすすめポイントは、全音符と四分音符の二種類のカードが入っていること。

全音符(白い音符)は読めるのに、四分音符(黒い音符)だと混乱してしまう方におすすめです。

音の読み方は日本語名(ドレミとハニホ)のみですが、

大譜表が付いているので、音の高さを相対的に学習できるのはポイントですね。

まとめ 目的に合った音符カードを選ぼう!

というわけで、この記事ではおすすめの音符カードを3つご紹介しました。

目的や用途、レベルによって、適切なアイテムは異なります。

ぜひ、ご自身の授業やレッスン、自習プランにあった音符カードを探してみてくださいね。

ちなみに、楽譜を読めるようになるには、音の高さだけでなくリズムも併用して学習する必要があります。

音の長さや拍子の学習に役立つおすすめアイテムは、こちらの記事で紹介していますので、合わせてご覧ください。

関連記事
元音楽教師が選ぶ、リズム学習におすすめのアイテム
元音楽教師が選ぶ、リズム学習におすすめのアイテム

続きを見る

音階(音の高さ)についての解説記事はこちら

関連記事
音階とは?主音って何?【楽典・音楽用語を分かりやすく解説!】
音階とは?主音って何?【楽典・音楽用語を分かりやすく解説!】

続きを見る

-授業の基本
-, , ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室