人生は選択の連続である

中学校教員の仕事

人生は選択の連続である。【生徒の心に響く名言】

元中学校音楽教師のめりーです。学年集会や学活での話のネタにおすすめの名言をご紹介します。

突然ですが、私は「銀魂」というアニメ作品が大好きです。

おすすめエピソードはたくさんあるのですが、とりわけ印象に残っているセリフを挙げるとしたら、こちら。

 

人生は重要な選択肢の連続だ。

アニメ銀魂 第142話『人生は選択肢の連続だ』

 

アニメでこの場面を見た時、私はハッとすると同時に妙に納得して、この言葉がすんなりと自分の中に入っていくのを感じました。

よくよく調べてみると、

Life is a series of choices.
(人生は選択の連続である。)

と、シェイクスピアの「ハムレット」の一節にもあるようです。

アニメの中のセリフも、シェイクスピアからインスピレーションを得たものだったのかもしれませんね。

さて、この言葉を知ったとき、私は、自分自身が考えさせられたのと同時に、これから進路選択を控えている中学生にこそ伝えたい!と思いました。

そこで、この記事では私がこの名言について考えたことと、中学生へのスピーチ例(生徒にどのように伝えるか)をご紹介します。

もちろん中学生に限らず、小学生や高校生にも通じる話ですので、全ての校種の先生方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

「人生は選択の連続である」について考えたこと

進学や就職、結婚など人生の転機となる選択から、休日の過ごし方や夕食のメニューなど些細な選択まで、言葉通り、人生は選択の連続です。

そして、その選択には必ず結果がある。

つまり、毎日大なり小なり選択してきた結果が、今の自分(人生)を作り出しているということ。

私は今まで、

お母さんが勧めたからコーヒーを飲んだ。
夫が辞めても良いと言ったから教員を退職した。

と、なんでもかんでも誰かのせいにしていたけれど、コーヒーを飲むことにしたのも、退職することにしたのも、決めたのは自分なんだと、この言葉と出会って改めて気付きました。

過去の選択肢を、もう一度選び直すことはできないけれど、これからの人生には、いくらでも選択肢があるはず。

長い時間をかけて選択できることもあれば、瞬時に選択を強いられることもありますが、どちらにしても後悔のない選択をすることが、後悔のない人生を生きることにつながります。

そして、どんな結果になろうとも、自分自身が選択した道に自信をもって生きることが大切なのだと思いました。

名言を引用したスピーチ例

もし私がこの名言を引用して生徒に話をするとしたら、以下のようなことを伝えたいなと思います。

ざっくりではありますが、よければ参考にしてみてくださいね。

中学生を対象としたスピーチ例

人生は選択の連続である。」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

私はこの言葉をあるアニメ作品で知りましたが、シェイクスピアの「ハムレット」という作品の一節だそうです。

「朝ご飯を食べるか、食べないか。」
「おうちに帰ってゲームをするか、宿題をするか。」
など、私たちは毎日、何かしらの選択を強いられています。

そして、その選択の積み重ねが今の自分を作り上げています。

毎日家庭学習をせず、遊ぶことだけを選んだとしたら、当然、テストの結果は悲惨なものになりますよね。

私たちの周りには様々な誘惑がありますが、迷ったときは、自分にとってプラスになる選択肢はどれなのかをよく考えてほしいなと思います。

決めるのは自分自身です。

これからの学校生活、ぜひ後悔のない選択をしてください。

進路選択を控える3年生はもちろん、1・2年生の気を引き締めるのにも役立つ名言だと思います。

長期休み明けの学活にもおすすめの名言です。

関連記事
夏休み明け、2学期初日の学活ですること7つ
夏休み明け、2学期初日の学活ですること7つ

続きを見る

以上、この記事では、生徒に伝えたい名言「人生は選択の連続である。をご紹介しました。

少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

-中学校教員の仕事
-, ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室