鑑賞授業

「二枚目」も「修羅場」も!日常的に使われる、歌舞伎由来の言葉

元中学校音楽教師のめりーです。歌舞伎が由来とされている言葉をご紹介します。

関連記事
歌舞伎とは?元中学校音楽教師の分かりやすい解説と授業例
歌舞伎とは?元中学校音楽教師の分かりやすい解説と授業例

続きを見る

一見、私たちの生活とはかけ離れているように感じる、歌舞伎

ですが、普段当たり前のように使っている言葉には、歌舞伎を由来とするものが多くあります。

そこで、この記事では、そんな歌舞伎由来の言葉から特に馴染み深いものを厳選してご紹介します。

板に付く

「板に付く」とは、経験を積んで、動作や態度が地位・職業などに合うようになること

元々は、

板=舞台
付く=しっくり合う

という意味で、経験豊富な役者の芸が、舞台とうまく調和していることを指した歌舞伎用語でした。

市松模様

画像は楽天市場より

「市松模様」とは、「鬼滅の刃」竈門炭治郎の衣装でおなじみの、色違いの正方形を組み合わせた模様のこと。

江戸時代、歌舞伎役者の初代佐野川市松がこの柄の衣装を着用し、多くの女性ファンが真似たことから、「市松模様」と呼ばれるようになりました。

今も昔も「推し」のファッションを真似する人は多かったのですね!

裏方

歌舞伎では、見物席や事務所で働く人を「表方」、道具方や照明方など舞台の裏で仕事をする人を「裏方」と言います。

そこから一般的にも、表に出ずに裏で実質的な役割を担う人のことを「裏方」と呼ぶようになりました。

大詰め

「レースも大詰め」など、物事の最終段階を指す言葉。

江戸時代の歌舞伎において、第一部の最後の幕を「大詰め」と呼んでいたことが由来とされています。

十八番(おはこ)

「十八番(おはこ)」とは、最も得意な芸や技のこと。

七代目市川團十郎が、代々の俳優が得意としてきた演目を18作品選び、「歌舞伎十八番」と名付けたことが由来です。

黒幕

「黒幕」は表には出ず、陰で操る人のことを指す言葉。

元々は、歌舞伎の舞台において、夜の場面を表したり、場面転換に使ったりする黒い幕のことです。

幕の内弁当

幕の内弁当イラスト

新幹線の中や会議などで食べられる「幕の内弁当」も実は歌舞伎用語!

元々は、公演の合間に役者や裏方が幕の内側で食べていたのことですが、次第に観客向けに作られるようになり、幕間(幕が閉まっている間)に食べるものとして浸透しました。

修羅場

歌舞伎では芝居の戦闘場面を「修羅場」と呼び、そこから激しい争いのことを差す言葉として使われるようになりました。

正念場

「ここが正念場!」というように、物事の大事な局面を指す言葉。

歌舞伎では、役の本心を表現する場面のことを「性根場(しょうねば)」と言い、それが訛って「正念場(しょうねんば)」と言われるようになったようです。

捨てぜりふ

一般的には、去り際に一方的に言い放つ悪意のある言葉を「捨てぜりふ」と言います。

ですが、元々は、歌舞伎の演目において、役者がその場の雰囲気に応じて即興的に言う、台本に書かれていない短いセリフのことだそうです。

だんまり

歌舞伎において、暗闇の場面で台詞を発せず、黙った互いを探り合う場面を「だんまり」と言います。

そこから、「何も話さないこと、黙ったままでいること」という意味で使われるようになりました。

二枚目

「かっこいい」「イケメン」という意味で使われる「二枚目」。

これは、芝居小屋の看板の1枚目に主役の名前、2枚目に色男役の名前を書いたことが由来とされています。

※色男役とは、色恋沙汰(男女の恋愛)を演じる役者のことで、当時から若い美男子が担っていたようです。

ちなみに、歌舞伎の看板は全部で8枚あり、それぞれ以下のような意味を役柄にもたせています。

  • 一枚目:物語の中心となる主役
  • 二枚目:色恋沙汰を担当する色男
  • 三枚目:お笑い担当、お調子者
  • 四枚目:まとめ役、中堅役者
  • 五枚目:一般的な敵役
  • 六枚目:敵役の中でも憎めない役
  • 七枚目:物語の中で一番の敵役
  • 八枚目:座長

さて、この記事では日常的に使われている歌舞伎由来の言葉を厳選してご紹介しました。

当たり前のように使っている言葉が、実は歌舞伎用語だったなんて、なんだか面白いですね。

音楽の授業で紹介すれば、生徒も歌舞伎に興味をもつようになるかもしれませんよ。

というわけで、今回の記事は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事
現在も使われている、雅楽が由来の言葉【鑑賞授業ネタ】
現在も使われている、雅楽が由来の言葉【鑑賞授業ネタ】

続きを見る


ICT活用の音楽授業「調べ学習」

器楽・創作・ICT授業

2022/8/4

音楽授業における「調べ学習」のポイントとテーマ例

元音楽教師めりーです。ICT活用の定番「調べ学習」についてお話しします。 GIGAスクール構想により、ICTを活用した授業が求められる今、音楽の授業でどのように活用すべきか悩んでいる先生方は多いと思います。 そんな中、真っ先に思い付くタブレット活用方法は、「調べ学習」ではないでしょうか。 確かに、アプリをインストールするなど準備の必要がないので、手軽に授業の中に取り入れやすいですよね。 ですが、授業の中で「調べ学習」を行う際には、注意しなければならないことがあります。 そこで、この記事では、音楽授業におけ ...

ReadMore

授業の基本

2022/8/2

音楽教員の必需品!授業に役立つアイテム5選

元音楽教員めりーです。 この記事では、私の音楽教員生活の中で、「これは無くてはならない!」と思った授業アイテムを5つ厳選してご紹介します。 \教員生活全般で必要な持ち物はこちら/ 音楽授業に役立つアイテム5選 ①タイマー 授業中の活動時間を区切るためにタイマーは必須。 生徒の様子を見て「そろそろ終わりにしよう」なんて声をかけることもありますが、「活動時間はあと○○分」と明示している方が分かりやすく、生徒も活動に集中しやすくなります。 おすすめは、大きな表示で見やすく、黒板に貼れるマグネットタイプのものです ...

ReadMore

鑑賞授業

2022/7/5

「二枚目」も「修羅場」も!日常的に使われる、歌舞伎由来の言葉

元中学校音楽教師のめりーです。歌舞伎が由来とされている言葉をご紹介します。 \歌舞伎について詳しく知りたい方はこちら/ 一見、私たちの生活とはかけ離れているように感じる、歌舞伎。 ですが、普段当たり前のように使っている言葉には、歌舞伎を由来とするものが多くあります。 そこで、この記事では、そんな歌舞伎由来の言葉から特に馴染み深いものを厳選してご紹介します。 板に付く 「板に付く」とは、経験を積んで、動作や態度が地位・職業などに合うようになること。 元々は、 板=舞台 付く=しっくり合う という意味で、経験 ...

ReadMore

きらきら星変奏曲解説

鑑賞授業

2022/8/2

実は恋の歌!?モーツァルト作曲「きらきら星変奏曲」を解説!

元音楽教師めりーです。今回は、あの有名な「きらきら星」について解説します。 「きらきら星変奏曲」という名で知られる、こちらの音楽。 モーツァルトが作曲したことでも有名ですが、実はこの曲は、ある音楽の旋律を引用して作られたもので、原曲は他にあるのです。 では、その原曲とはいったいどのような音楽なのでしょうか? というわけで、この記事では、そんな「きらきら星変奏曲」の原曲やその他のアレンジ、演奏・鑑賞時のポイントをまとめてみました。 目次原曲は恋の歌!「きらきら星変奏曲」の正式名称は?→変奏曲とは?原曲『ああ ...

ReadMore

音楽授業におすすめのミニゲーム

ゲーム・クイズ

2022/8/2

音楽授業のスキマ時間におすすめのミニゲーム「ドレミでクラップ」

元音楽教師めりーです。この記事では音楽授業におすすめのミニゲームをご紹介します。 ほんの少しだけ授業時間が余ってしまった… どんよりした授業の雰囲気を変えたい… そんな時に私が取り入れていたのが、ミニゲーム「ドレミでクラップ」! 所要時間は1~3分ほどで、サクッと授業の雰囲気を和らげることのできる活動です。 やり方は非常に簡単で、何の準備もいらないので、授業で困ったその瞬間に取り入れることができますよ。 それでは「ドレミでクラップ」の進め方をご紹介します。 ミニゲーム「ドレミでクラップ」の進め方 ①生徒そ ...

ReadMore

世界の民族音楽授業案

常時活動

2022/6/29

世界の民族音楽を楽しく鑑賞!おすすめの常時活動「ミュージックトラベル」

元中学校音楽教師のめりーです。民族音楽の授業にお悩みの先生方に提案があります。 世界の諸民族音楽について、 ・数種類の音楽を鑑賞し、教師による説明を聞いて、感想を書く ・ホーミーやケチャなどの民族音楽をみんなで体験する という活動を軸に、1~2時間扱いの授業を行う先生が多いと思います。 ですが、1時間の中で数種類の音楽を立て続けに聴くと生徒は途中で飽きてしまいがち。 それに乗り気でない生徒に無理に活動を強要すれば、かえって音楽へのマイナスイメージは強まってしまいます。 そこで、私が提案したいのは、民族音楽 ...

ReadMore

早春賦の意味やポイントまとめ

歌唱授業

2022/8/2

「早春賦」歌詞の意味や作曲背景などポイント総まとめ!

元中学校音楽教師のめりーです。過去の授業経験を基に「早春賦」のポイントをご紹介します。 春を待ちわびている人々の思いや朗らかな風景を表現した日本の名曲「早春賦」。 教科書にも掲載されているので、今まさに授業準備をしている、あるいはテスト勉強中という方も多いと思います。 そこで、この記事では、「早春賦」の歌詞の意味や作曲背景など学習する際に役立つポイントをご紹介します。 学生の皆さんはもちろん、これから授業を行う先生方のお役に立てれば幸いです。 目次「早春賦」のポイント1.そもそも「早春賦」ってどういう意味 ...

ReadMore

授業におすすめのミュージカル映画

鑑賞授業

2022/5/18

音楽授業で見せたいミュージカル映画のおすすめシーン

元中学校音楽教師めりーです。 音楽の授業でミュージカル映画を扱う際の難点は上映時間の長さ。 説明や振り返りなどの時間を考慮すると、鑑賞に使える時間は30分~40分くらいが妥当です。 ですが、「どの場面を見せるべきか分からないし、研究する時間もない!」とお困りの先生も多いはず。 そこで、この記事では、音楽授業におすすめのミュージカル映画と、各作品のおすすめシーンをご紹介します。 音楽授業におすすめのミュージカル映画 ①サウンドオブミュージック リンク ミュージカル作品と言えば「サウンド・オブ・ミュージック」 ...

ReadMore

-鑑賞授業
-, , , ,

© 2022 めりー先生の音楽準備室