器楽・創作授業

楽譜作成や創作授業におすすめ!「MuseScore3」の基本的な使い方

元中学校音楽教師のめりーです。今回は私が授業で使用していたアプリの使い方をご説明します。

手軽に楽譜を作成したい。
タブレットやPCを使って創作活動をしたい。

とお思いの音楽の先生方、「MuseScore3」はご存知ですか?

インストールも使用も無料(一部有料)で、簡単に楽譜が作成できるので、創作授業はもちろん、ワークシートやテスト作成時にも使えて便利なアプリです。

この記事では、そんなMuseScore3の基本的な使い方をご紹介しますので、これからアプリを使ってみようかなと思っている方は、参考にしてみてくださいね。

ちなみに、私はこのアプリを使用して創作授業を行っていたので、よければ、こちらの授業実践例も合わせてご覧ください。

関連記事
中学音楽 アプリを使った創作授業 【オリジナルチャイムを作ろう】指導の流れとワークシート|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 アプリを使った創作授業 【オリジナルチャイムを作ろう】指導の流れとワークシート|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

それでは、MuseScore3の基本的な使い方をご説明します。


スポンサーリンク

MuseScore3の基本的な操作方法

1 音符や休符を入力する。

①左上の「N」のようなマークをクリック(タップ)し、音符入力モードに切り替えます。

②入力したい長さの音符を選択します。

③五線上の置きたい場所をクリック(タップ)します。

これで音符の入力は完了です。すごく簡単ですよね!音符を入力すると、小節内の残りの拍数を自動で計算して、休符が表示される仕組みになっています。

画面上部には、「←戻る」「→進む」ボタンもあるので、作業のやり直しも簡単です。

休符を入力したい場合は、
入力したい休符と同じ長さの音符を選択したのち、休符マークをクリック(タップ)して、楽譜上の置きたい場所をクリック(タップ)するだけです。

付点音符を入力する場合は、
音符を選択したのち、「」マークをクリック(タップ)して、五線上の置きたい場所をクリック(タップ)します。

画面上部の▶マークをクリック(タップ)すれば、入力したメロディが再生されるので、適宜確認しながら作業を進めることができます。

2 音符に変化記号(♯、♮、♭)を付ける。

五線上の音符を選択したのち画面上部にある(♯、♮、♭)マークのいずれかをクリック(タップ)すると、変化記号を付けることができます。

3 強弱やアーティキュレーションを付ける。

前述の変化記号の付け方同様、五線上の音符を選択したのち画面左のパレットにある強弱やアーティキュレーション等から好きな記号を選んでクリック(タップ)すればOKです。

初期設定でパレットが表示されていない場合は、表示→パレットにチェック☑をすれば、今後は左側に表示された状態が保たれます。

4 音符や休符、記号、小節を削除する。

消したい音符や休符、記号を選択した状態で右クリック→削除をクリック(タップ)すれば、小節内の音符や休符、記号が簡単に消えます。

小節を選択した状態で「選択した範囲を削除」をクリック(タップ)すると、その小節ごと消すことができます。

スポンサーリンク

5 速度を変更する。

パレット→テンポ内の速度記号をクリック(タップ)して楽譜上に反映させれば、速度の変更が簡単にできます。(数字をダブルクリック(長押しタップ)してキーボードで入力するだけ!)

6 演奏楽器を変更する。

①小節を選択した状態で、右クリック→譜表/パートのプロパティを選択します。

楽器の変更を選択し、好きな楽器を選んでOKをクリック(タップ)します。

様々な楽器の音色が入っているので、創作活動をしながら音色の違いを味わうこともできますよ。

まとめ アプリでの創作はコロナ禍の音楽授業にもおすすめ!

というわけで、この記事ではMuseScore3の基本的な使い方をご紹介しました。

今回ご紹介した操作は、初歩中の初歩!

MuseScore3は、有料ソフトにも負けないくらい高性能なので、無料でインストールして、いろいろな操作を試してみてくださいね。

また、MuseScore3の活用は、コロナ禍の音楽授業にもおすすめ!

アプリでの創作なら声も出さず、一人で黙々と作業を進めることができるので、「歌えない」「リコーダーが吹けない」等の課題を解決してくれるはずです。

アプリを使った創作授業の進め方が分からなければ、記事の冒頭でご紹介した、こちらの授業実践例をご覧ください。

関連記事
中学音楽 アプリを使った創作授業 【オリジナルチャイムを作ろう】指導の流れとワークシート|めりー先生の音楽室|note
中学音楽 アプリを使った創作授業 【オリジナルチャイムを作ろう】指導の流れとワークシート|めりー先生の音楽室|note

続きを見る

4時間分(+ガイダンス1時間分)の授業の流れが載っているだけでなく、この記事の内容をまとめた「使い方ガイドブック」(WordとPDFの2種類)や授業で使用するワークシートもダウンロードできます。

創作活動やリズム学習に使えるアイテムをお探しならこちらの記事をどうぞ。

関連記事
元音楽教師が選ぶ、リズム学習におすすめのアイテム
元音楽教師が選ぶ、リズム学習におすすめのアイテム

続きを見る

-器楽・創作授業
-, , ,

© 2021 めりー先生の音楽準備室