雅楽が由来の言葉

鑑賞授業

現在も使われている、雅楽が由来の言葉【鑑賞授業ネタ】

元中学校音楽教師のめりーです。雅楽が由来とされている言葉をご紹介します。

一見、私たちの生活とはかけ離れているように感じる雅楽

ですが、普段当たり前のように使っている言葉には、雅楽を由来とするものも多くあります。

そこで、この記事では、現在も日常で使われている雅楽由来の言葉をいくつかご紹介します。

関連記事
雅楽とは?元中学校音楽教師の分かりやすい解説と授業例
雅楽とは?元中学校音楽教師の分かりやすい解説と授業例

続きを見る

雅楽が由来の言葉

塩梅

一般的には、塩と梅酢の加減からきたと言われていますが、実は雅楽でも古くから篳篥の奏法のひとつとして、この言葉が使われていました。(ただし読み方は「あんばい」ではなく「えんばい」です。)

塩梅は、指の押さえ方は変えずに息の量や唇の位置を加減して音の高さを変える奏法のことです。

打ち合わせ

指揮者のいない雅楽では、管楽器と弦楽器の奏者は打楽器の音に合わせて演奏します。

楽器にわせるとよい演奏になることから、「打ち合わせ」という言葉ができたとされています。

京都・大阪・奈良の奏者が一堂に会して演奏する際に、前もって集まり、まずは打楽器から奏法の確認をしていたことが由来とする説もあります。

コツ

雅楽で使われる楽器、「」には17本の竹から出る音それぞれに名前が付いていて、「乞(こつ)」もそのひとつです。

「乞」は非常に出しにくい音だったので、「乞」の音が出せれば、笙を上手に演奏できることから、現在のような「要領、要点、ポイント」という意味で「コツ」という言葉が使われるようになりました。

千秋楽

雅楽を演奏する際、最後には必ず『千秋楽』という曲を演奏していたことから、演劇や相撲などの最終日のことを指すようになりました。

ろれつが回らない

雅楽の旋法に「呂」と「律」という音階があり、これらの音階が合わないことを「ろりつが回らない」と言っていたようです。

それが訛って「ろれつが回らない」と言われるようになり、言葉がはっきりしない様子を表す言葉として一般に広まったとされています。

頭取

雅楽において、最初に演奏する人(音頭を取る人)を「音頭取り」と言い、後に能や歌舞伎でも首席演奏者を「頭取」と呼ぶようになりました。

そこから「音頭を取る人」「集団をまとめる人」という意味で、「頭取」という言葉が使われるようになったそうです。

野暮

「野暮」という言葉の由来には諸説ありますが、そのうちの一つが雅楽で使われる楽器、「」に関する説です。

前述の通り、笙は17本の竹の管が組み合わさってできた楽器で、それぞれの管に名前が付いています。

その中の「也(や)」と「毛(もう)」は、日本に伝来されて間もなく使われなくなり、吹いても音が出なくなってしまったそうです。

そこから、「やもう」が「やぼ」に変化し、「価値がない」「風流がない」という否定的な意味で使われるようになりました。

まとめ

さて、この記事では、日常で使われる雅楽由来の言葉をご紹介しました。

当たり前のように使っている言葉が、伝統音楽を由来としているなんて、なんだか面白いですよね。

音楽の授業で紹介すれば、生徒もより雅楽に興味をもてるかもしれませんよ。

というわけで、今回の記事は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

\指導案・ワークシートのダウンロードはこちら/


歌舞伎「勧進帳」分かりやすい解説

鑑賞授業

2023/1/19

歌舞伎「勧進帳」のあらすじを元中学校音楽教員が分かりやすく解説!

元中学校音楽教師めりーです。歌舞伎の有名な演目「勧進帳」を解説します。 目次「勧進帳」基本情報「勧進帳」主な登場人物(相関図)「勧進帳」あらすじ解説①役者の登場②勧進帳の読み上げ③山伏問答④弁慶の驚くべき作戦⑤主従の絆の深さ⑥延年の舞⑦役者の退場(飛び六方) 「勧進帳」基本情報 勧進帳の弁慶像(東京都・人形町) 作詞者:三世並木五瓶 作曲者:四世杵屋六三郎 上演時間:約1時間15分 「勧進帳」は、能の「安宅」を原作とした演目で、1870年3月に初演されて以来、様々な役者さんによって演じられている人気作品で ...

ReadMore

鑑賞授業

2023/1/13

世界の国歌にまつわる面白いエピソードまとめ

元音楽教師めりーです。 オリンピックやワールドカップなどの国際試合で耳にすることの多い世界の国歌。 国歌を聴くと、その国の歴史や雰囲気、国民性などが感じられますが、より詳しい知識があればもっと楽しめるかもしれません。 そこで、この記事では世界の国歌にまつわる面白いエピソードをご紹介します。 目次【タイ】国歌が流れると立ち止まる【スペイン】国歌なのに公式の歌詞がない【中国】映画の主題歌が国歌になった【マレーシア】シャンソンが国歌になった【ギリシャ】世界一長い国歌【日本】国歌の歌詞としては世界最古【オランダ】 ...

ReadMore

歌唱授業

2023/1/13

日本国歌「君が代」の歌詞の意味や歴史的背景を解説!

元音楽教員めりーです。 日本の国歌と言えば「君が代」。 卒業式やオリンピックなど大事な場面で歌ったり聴いたりはしますが、「歌詞の意味はよく分からない」という方も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では「君が代」の歌詞の意味や歴史的背景を分かりやすく解説します。 目次「君が代」が作られたのは平安時代!「君が代」の歌詞の意味は?「君が代」の作曲から国歌制定までの流れ①イギリス人による「君が代」作曲②宮内省雅楽課・ドイツ人による編曲③「君が代」が正式に国歌に!まとめ 改めて聴いてみよう! 「君が代」が作 ...

ReadMore

授業の基本

2023/1/20

【小学校】音楽を形づくっている要素とは?イラスト付きで解説!

元音楽教師めりーです。音楽を形づくっている要素の意味を解説します。 音楽の授業では、音楽を形づくっている要素とイメージとを関連付けて批評したり、表現活動に生かしたりする場面が多々あります。 ですが、音楽の諸要素の中には「旋律」や「音楽の縦と横との関係」など説明が難しい用語もあり、苦労している先生も多いのではないでしょうか。 そこで、この記事では、小学校音楽科学習指導要領で示されている音楽を形づくっている要素を分かりやすくご説明します。 →中学校学習指導要領で示されている要素の解説・授業例 目次音楽を形づく ...

ReadMore

ゲーム・クイズ

2022/11/20

音楽授業ネタ「生活の中にある音」を楽しむ活動例5つ

元音楽教師めりーです。音楽授業ネタを提案します! 私たちの身の回りには、様々な「音」が溢れています。 授業の中でそのような「音」に着目することで、生徒たちは「生活や社会おける音の働き」に関心をもてるようになるはず…! そこで、この記事では「身近な音」や「生活の中にある音」に焦点を当てた活動を5つご紹介します。 どれも簡単に取り入れられるので、音楽授業の参考にしていただけたら幸いです。 目次①この音なんの音?②どんな音が出るかな?③お気に入りの場所で音探し④音素材を使って音楽をつくろう⑤身近な音を取り入れた ...

ReadMore

歌唱授業

2022/11/20

有名なあの童謡も海外生まれ!実は替え歌だと知って驚く曲まとめ

元音楽教師めりーです。 子どもの頃から慣れ親しんでいる歌ってありますよね。 ですが、その中には、海外で作られた曲に日本語の歌詞を当てはめた、いわゆる「替え歌」が存在しているかもしれません。 というわけで、この記事では、そんな外国生まれの童謡の中から、特に有名な曲をピックアップしてご紹介します。 目次アルプス一万尺蝶々ハッピーバースデートゥーユーきらきら星(ABCの歌)鬼のパンツヨドバシカメラの歌 アルプス一万尺 手遊び歌としておなじみ「アルプス一万尺」。 原曲は、アメリカの民謡「Yankee Doodle ...

ReadMore

ワークシートの評価・返却方法

授業の基本

2022/12/7

中学音楽 ワークシートの評価・返却方法をご紹介!

元音楽教師めりーです。 皆さんは授業中に使用するワークシートをどう評価し、どのように生徒へ返却していますか? 些細なことではありますが、成績に関わることなので、なんとなく適当に済ませるわけにはいきませんよね。 そこで、この記事では私がワークシートをどう評価し、返却していたかをご紹介します。 目次評価に関係ないワークシートも存在する生徒の記述をどのように評価するかワークシートへの評価の記入ワークシートの返却方法まとめ 音楽の先生になる前に読んでいただきたい記事一覧はこちら 評価に関係ないワークシートも存在す ...

ReadMore

音楽の単発授業ネタ

授業の基本

2022/11/20

準備しておくと安心!音楽の単発授業ネタまとめ

元音楽教師めりーです。1時間で完結する簡単な音楽授業をご紹介します。 学校現場では、授業変更や補教等で、突然、授業を行わなければいけなくなることがありますよね? 年間指導計画に沿って、前もって授業準備を行っていれば問題ないのですが、実際はそうもいかず… 「急に音楽の授業をすることになったけど、何したらいいの?」と焦った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか? そこで、そのような事態に陥らないために、いくつかの単発授業ネタを持っておくことをおすすめします! この記事では、そんな音楽の単発授業をご紹介しま ...

ReadMore

-鑑賞授業
-, , , , ,

© 2023 めりー先生の音楽準備室