器楽・創作・ICT授業

Chrome Music Labの特徴と授業アイディアまとめ

元音楽教員のめりーです。Chrome Music Labの活用アイディアをご紹介します。

コロナ過で授業内容が制限される中、「ICTを活用した授業を!」ということでChrome Music Labを取り入れる方も多いと思います。

ですが、中には「ツールが多すぎて何をどう使えば良いか分からない」とお悩みの方もいるのでは?

そこで、この記事ではChrome Music Lab内の各ツールの使い方音楽授業での活用アイディアをご紹介します。

Chrome Music Labとは?

クローム音楽実験ラボ(Chrome Music Lab)とは、Googleが提供する音楽Webアプリのこと。

cromemusiclabとは

インターネット上で、「Chrome Music Lab」と検索すれば上記の画面にたどり着くので、そこから好きなツールを選択します。

※ブラウザはGoogle Chromeを使用。(インターネットエクスプローラーでは使えません。)

Chrome Music Lab内には、以下の14ツールがあります。

いずれも無料で、アプリのダウンロードも不要(全てブラウザ上で完結)なので、まずは先生ご自身が遊んでみるのがおすすめ!

きっと素敵な授業アイディアが浮かんでくると思います。

それでは、ここからは私がピックアップした10ツール使い方活用アイディアをご紹介します。

各ツールの使い方と授業での活用アイディア

①SHEARED PIANO(共有ピアノ)

オンライン上で同時演奏が楽しめるツールです。

共有ピアノ操作画面

↑実際の操作画面

→基本的な使い方はこちら

関連記事
音楽初心者でも大丈夫!Shared Pianoの使い方
音楽初心者でも大丈夫!Shared Pianoの使い方

続きを見る

最大10人まで同時に(違う端末で)演奏できるので、遠隔地でもセッションが可能。

伴奏を保存して生徒に共有すれば、それに合わせてメロディを練習させたり創作させたりすることもできます。

授業でのグループワークやオンライン学習など、様々な場面で大活躍間違いなしです。

②SONG MAKER(ソングメーカー)

ポチポチと入力するだけで簡単に音楽づくりが楽しめるツール。

↑実際の操作画面

→基本的な使い方はこちら

関連記事
【完全保存版】音楽授業に役立つ!Song Makerの使い方
【完全保存版】音楽授業に役立つ!Song Makerの使い方

続きを見る

音を重ねたり、ドラムパートを付けたり、楽器や速度を変えたりと、他のツールに比べてできることは多いので、普通に音楽創作の授業に活用できます。

ただ、唯一の難点は音を伸ばせないこと。

なので、長い音を使用しなくても大丈夫そうなテーマで音楽づくりをさせるのが良いと思います。

私は「雨の音」をテーマにした創作授業を考えてみました。(詳しくはこちら

③RHYTHM(リズム)

ポチポチ入力すると、リズムを繰り返し演奏してくれるツール。

リズム操作画面

↑実際の操作画面

3~6拍子まで設定することができます。(演奏するキャラクター、楽器の音色が違います)

本格的なリズム創作とまではいかないですが、1分もあればリズムパターンを作ることができるので、授業の導入で遊ばせるにはちょうど良さそうです。

例えば、作ったリズムを手拍子で真似っこさせたり、何拍子か当てさせたり、楽譜に起こさせたりと、ゲーム感覚でリズム学習ができます。

④SPECTROGRAM(スペクトログラム)

スペクトログラムとは、音の周波数をグラフで表したもののこと。

スペクトログラム操作画面

↑実際の操作画面

自分の声を視覚的に捉えることができますし、手でなぞってスペクトログラムを作成することもできます。

それ以外に、

・フルート
・ハープ
・口笛
・トロンボーン
・ドラムマシン
・鳥の鳴き声
・モデム(送受信装置)
・ワイングラス

の音が用意されているので、普通に眺めるだけでも楽しいです。

音の振動によって波の形、強さによって色が変わるので、自分が聴き取った音と視覚的情報との関わりを考えさせると面白そう。

⑤SOUND WAVES(音波)

水の中の波のように、音が空気中を伝わっている様子を理解するのに役立つツールです。

soundwave操作画面

↑実際の操作画面

ドットが震える様子を見るだけでも良いのですが、虫眼鏡タップでズームインして波の形を見る方が分かりやすいかと思います。

低い音と高い音では波の形が全然違いますよね。

これは音が伝わる速度に関係しそう…

理科の授業とタイアップすれば、音とは何か音はどのようにして伝わるのかについての学習につなげられそうですね。

⑥ARPEGGIOS(アルペジオ)

メジャーコードとマイナーコードそれぞれのアルペジオを確認できるツールです。

こちらの動画のように、音楽停止中に各コードをクリックすると和音が確認でき、再生ボタンを押すとアルペジオが流れる仕組みとなっています。

調ごとの雰囲気やメロディの違いを味わうことができるので、長調や短調を学習する際に補助教材として使用できそうです。

→調とは?長調と短調を簡単に見分ける方法

⑦KANDINSKY(カディンスキー)

描いた図が音になるツールです。

カディンスキーの操作画面

↑実際の操作画面

丸や三角などの図形を書くと、こんな風にちょっとした音楽が出来上がります。

お絵描きするだけなので、楽譜が苦手な生徒でも楽しみながら音楽づくりができますよね。

本格的な旋律づくりには不向きですが、音楽創作への意欲や図形楽譜への興味をもたせることには役立ちそうです。

⑧PIANO ROLL(ピアノロール)

オルゴールや自動ピアノの紙製ロールから着想を得た自動演奏ツール。

ピアノロール授業アイディア

↑実際の操作画面(運命)

以下の5曲の演奏情報が入っていて、ピアノか電子音、自分の声で演奏させることができます。

・プレリュード
・トルコ行進曲
・交響曲第5番ハ短調(運命)
・メヌエット
・ジムノペディ1番

マイクで録音した自分の声で曲を演奏させたり、ロールを自分で動かしてリズムや速度を変えたり、楽しく遊べそうな感じ。

ピアノロールの画面を見せて、「この曲は何でしょう?」とクイズを出すのも面白そう。

中学校では、「交響曲第5番ハ短調(運命)」を扱う際に、旋律やリズム、音の重なり合いなど音楽の構造を視覚的に理解させるのに役立つと思いました。

→私の授業実践例はこちら(ピアノロールについて少し触れています)

⑨MELODY MAKER(メロディメーカー)

ポチポチ入力するだけで旋律づくりができるツール。

メロディメーカーの操作画面

↑実際の操作画面

前述のソングメーカーと似ていますが、こちらは基本的に単旋律しか作れません。(反復機能を使えば副旋律は可能)

ゆえに、操作は簡単で、音の入力とテンポの変更だけ覚えればOK。

より本格的な音楽づくりを行うならソングメーカーの方が良いですが、単純な旋律創作音程の上がり下がりの確認だけなら、メロディメーカーでも十分です。

歌唱授業の際に旋律を入力すれば、音程を視覚的に捉えさせることができるので、音取りの苦手な生徒には役立ちそう。

ただ、ソングメーカー同様、音は伸ばせませんので、悪しからず。

⑩CHORDS(和音)

ピアノの鍵盤上で和音(コード)の確認ができるツール。

cords操作画面

↑実際の操作画面

鍵盤を1音クリックすると、その音から始まる長三和音短三和音の鍵盤に色が付き、音が流れる仕組みとなっています。

和音の仕組みを学ぶのに活用できるのはもちろん、和音の音を生かした旋律づくりにも役立ちそうです。

→和音(コード)とは?種類と名称を分かりやすく解説!

まとめ Chrome Music Labで音楽授業をより豊かに!

さて、この記事ではChrome Music Lab特徴音楽授業における活用アイディアをご紹介しました。

何か取り入れてみたいツールはありましたか?

どのツールも遊びながら音や音楽の仕組みを学べるので、適切な方法で取り入れれば音楽授業の幅が広がると思います。

他にも面白いツールはあるので、ぜひご自身でいろいろと試してみてくださいね。

↓OSCILLATORS(発振器)の操作画面

記事内の画像・動画は、全てChrome Music Labから引用しました。

\指導案・ワークシートのダウンロードはこちら/


歌舞伎「勧進帳」分かりやすい解説

鑑賞授業

2023/1/19

歌舞伎「勧進帳」のあらすじを元中学校音楽教員が分かりやすく解説!

元中学校音楽教師めりーです。歌舞伎の有名な演目「勧進帳」を解説します。 目次「勧進帳」基本情報「勧進帳」主な登場人物(相関図)「勧進帳」あらすじ解説①役者の登場②勧進帳の読み上げ③山伏問答④弁慶の驚くべき作戦⑤主従の絆の深さ⑥延年の舞⑦役者の退場(飛び六方) 「勧進帳」基本情報 勧進帳の弁慶像(東京都・人形町) 作詞者:三世並木五瓶 作曲者:四世杵屋六三郎 上演時間:約1時間15分 「勧進帳」は、能の「安宅」を原作とした演目で、1870年3月に初演されて以来、様々な役者さんによって演じられている人気作品で ...

ReadMore

鑑賞授業

2023/1/13

世界の国歌にまつわる面白いエピソードまとめ

元音楽教師めりーです。 オリンピックやワールドカップなどの国際試合で耳にすることの多い世界の国歌。 国歌を聴くと、その国の歴史や雰囲気、国民性などが感じられますが、より詳しい知識があればもっと楽しめるかもしれません。 そこで、この記事では世界の国歌にまつわる面白いエピソードをご紹介します。 目次【タイ】国歌が流れると立ち止まる【スペイン】国歌なのに公式の歌詞がない【中国】映画の主題歌が国歌になった【マレーシア】シャンソンが国歌になった【ギリシャ】世界一長い国歌【日本】国歌の歌詞としては世界最古【オランダ】 ...

ReadMore

歌唱授業

2023/1/13

日本国歌「君が代」の歌詞の意味や歴史的背景を解説!

元音楽教員めりーです。 日本の国歌と言えば「君が代」。 卒業式やオリンピックなど大事な場面で歌ったり聴いたりはしますが、「歌詞の意味はよく分からない」という方も多いのではないでしょうか? そこで、この記事では「君が代」の歌詞の意味や歴史的背景を分かりやすく解説します。 目次「君が代」が作られたのは平安時代!「君が代」の歌詞の意味は?「君が代」の作曲から国歌制定までの流れ①イギリス人による「君が代」作曲②宮内省雅楽課・ドイツ人による編曲③「君が代」が正式に国歌に!まとめ 改めて聴いてみよう! 「君が代」が作 ...

ReadMore

授業の基本

2023/1/20

【小学校】音楽を形づくっている要素とは?イラスト付きで解説!

元音楽教師めりーです。音楽を形づくっている要素の意味を解説します。 音楽の授業では、音楽を形づくっている要素とイメージとを関連付けて批評したり、表現活動に生かしたりする場面が多々あります。 ですが、音楽の諸要素の中には「旋律」や「音楽の縦と横との関係」など説明が難しい用語もあり、苦労している先生も多いのではないでしょうか。 そこで、この記事では、小学校音楽科学習指導要領で示されている音楽を形づくっている要素を分かりやすくご説明します。 →中学校学習指導要領で示されている要素の解説・授業例 目次音楽を形づく ...

ReadMore

ゲーム・クイズ

2022/11/20

音楽授業ネタ「生活の中にある音」を楽しむ活動例5つ

元音楽教師めりーです。音楽授業ネタを提案します! 私たちの身の回りには、様々な「音」が溢れています。 授業の中でそのような「音」に着目することで、生徒たちは「生活や社会おける音の働き」に関心をもてるようになるはず…! そこで、この記事では「身近な音」や「生活の中にある音」に焦点を当てた活動を5つご紹介します。 どれも簡単に取り入れられるので、音楽授業の参考にしていただけたら幸いです。 目次①この音なんの音?②どんな音が出るかな?③お気に入りの場所で音探し④音素材を使って音楽をつくろう⑤身近な音を取り入れた ...

ReadMore

歌唱授業

2022/11/20

有名なあの童謡も海外生まれ!実は替え歌だと知って驚く曲まとめ

元音楽教師めりーです。 子どもの頃から慣れ親しんでいる歌ってありますよね。 ですが、その中には、海外で作られた曲に日本語の歌詞を当てはめた、いわゆる「替え歌」が存在しているかもしれません。 というわけで、この記事では、そんな外国生まれの童謡の中から、特に有名な曲をピックアップしてご紹介します。 目次アルプス一万尺蝶々ハッピーバースデートゥーユーきらきら星(ABCの歌)鬼のパンツヨドバシカメラの歌 アルプス一万尺 手遊び歌としておなじみ「アルプス一万尺」。 原曲は、アメリカの民謡「Yankee Doodle ...

ReadMore

ワークシートの評価・返却方法

授業の基本

2022/12/7

中学音楽 ワークシートの評価・返却方法をご紹介!

元音楽教師めりーです。 皆さんは授業中に使用するワークシートをどう評価し、どのように生徒へ返却していますか? 些細なことではありますが、成績に関わることなので、なんとなく適当に済ませるわけにはいきませんよね。 そこで、この記事では私がワークシートをどう評価し、返却していたかをご紹介します。 目次評価に関係ないワークシートも存在する生徒の記述をどのように評価するかワークシートへの評価の記入ワークシートの返却方法まとめ 音楽の先生になる前に読んでいただきたい記事一覧はこちら 評価に関係ないワークシートも存在す ...

ReadMore

音楽の単発授業ネタ

授業の基本

2022/11/20

準備しておくと安心!音楽の単発授業ネタまとめ

元音楽教師めりーです。1時間で完結する簡単な音楽授業をご紹介します。 学校現場では、授業変更や補教等で、突然、授業を行わなければいけなくなることがありますよね? 年間指導計画に沿って、前もって授業準備を行っていれば問題ないのですが、実際はそうもいかず… 「急に音楽の授業をすることになったけど、何したらいいの?」と焦った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか? そこで、そのような事態に陥らないために、いくつかの単発授業ネタを持っておくことをおすすめします! この記事では、そんな音楽の単発授業をご紹介しま ...

ReadMore

-器楽・創作・ICT授業
-, , , ,

© 2023 めりー先生の音楽準備室