クロームミュージックラボ授業アイディア

器楽・創作・ICT授業

Chrome Music Labの特徴と授業アイディアまとめ

元音楽教員のめりーです。Chrome Music Labの活用アイディアをご紹介します。

コロナ過で授業内容が制限される中、「ICTを活用した授業を!」ということでChrome Music Labを取り入れる方も多いと思います。

ですが、中には「ツールが多すぎて何をどう使えば良いか分からない」とお悩みの方もいるのでは?

そこで、この記事ではChrome Music Lab内の各ツールの使い方音楽授業での活用アイディアをご紹介します。

Chrome Music Labとは?

クローム音楽実験ラボ(Chrome Music Lab)とは、Googleが提供する音楽Webアプリのこと。

cromemusiclabとは

インターネット上で、「Chrome Music Lab」と検索すれば上記の画面にたどり着くので、そこから好きなツールを選択します。

※ブラウザはGoogle Chromeを使用。(インターネットエクスプローラーでは使えません。)

Chrome Music Lab内には、以下の14ツールがあります。

いずれも無料で、アプリのダウンロードも不要(全てブラウザ上で完結)なので、まずは先生ご自身が遊んでみるのがおすすめ!

きっと素敵な授業アイディアが浮かんでくると思います。

それでは、ここからは私がピックアップした10ツール使い方活用アイディアをご紹介します。

各ツールの使い方と授業での活用アイディア

①SHEARED PIANO(共有ピアノ)

オンライン上で同時演奏が楽しめるツールです。

共有ピアノ操作画面

↑実際の操作画面

→基本的な使い方はこちら

最大10人まで同時に(違う端末で)演奏できるので、遠隔地でもセッションが可能。

伴奏を保存して生徒に共有すれば、それに合わせてメロディを練習させたり創作させたりすることもできます。

授業でのグループワークやオンライン学習など、様々な場面で大活躍間違いなしです。

②SONG MAKER(ソングメーカー)

ポチポチと入力するだけで簡単に音楽づくりが楽しめるツール。

↑実際の操作画面

→基本的な使い方はこちら

音を重ねたり、ドラムパートを付けたり、楽器や速度を変えたりと、他のツールに比べてできることは多いので、普通に音楽創作の授業に活用できます。

ただ、唯一の難点は音を伸ばせないこと。

なので、長い音を使用しなくても大丈夫そうなテーマで音楽づくりをさせるのが良いと思います。

私は「雨の音」をテーマにした創作授業を考えてみました。(詳しくはこちら

③RHYTHM(リズム)

ポチポチ入力すると、リズムを繰り返し演奏してくれるツール。

リズム操作画面

↑実際の操作画面

3~6拍子まで設定することができます。(演奏するキャラクター、楽器の音色が違います)

本格的なリズム創作とまではいかないですが、1分もあればリズムパターンを作ることができるので、授業の導入で遊ばせるにはちょうど良さそうです。

例えば、作ったリズムを手拍子で真似っこさせたり、何拍子か当てさせたり、楽譜に起こさせたりと、ゲーム感覚でリズム学習ができます。

④SPECTROGRAM(スペクトログラム)

スペクトログラムとは、音の周波数をグラフで表したもののこと。

スペクトログラム操作画面

↑実際の操作画面

自分の声を視覚的に捉えることができますし、手でなぞってスペクトログラムを作成することもできます。

それ以外に、

・フルート
・ハープ
・口笛
・トロンボーン
・ドラムマシン
・鳥の鳴き声
・モデム(送受信装置)
・ワイングラス

の音が用意されているので、普通に眺めるだけでも楽しいです。

音の振動によって波の形、強さによって色が変わるので、自分が聴き取った音と視覚的情報との関わりを考えさせると面白そう。

⑤SOUND WAVES(音波)

水の中の波のように、音が空気中を伝わっている様子を理解するのに役立つツールです。

soundwave操作画面

↑実際の操作画面

ドットが震える様子を見るだけでも良いのですが、虫眼鏡タップでズームインして波の形を見る方が分かりやすいかと思います。

低い音と高い音では波の形が全然違いますよね。

これは音が伝わる速度に関係しそう…

理科の授業とタイアップすれば、音とは何か音はどのようにして伝わるのかについての学習につなげられそうですね。

⑥ARPEGGIOS(アルペジオ)

メジャーコードとマイナーコードそれぞれのアルペジオを確認できるツールです。

こちらの動画のように、音楽停止中に各コードをクリックすると和音が確認でき、再生ボタンを押すとアルペジオが流れる仕組みとなっています。

調ごとの雰囲気やメロディの違いを味わうことができるので、長調や短調を学習する際に補助教材として使用できそうです。

→調とは?長調と短調を簡単に見分ける方法

⑦KANDINSKY(カディンスキー)

描いた図が音になるツールです。

カディンスキーの操作画面

↑実際の操作画面

丸や三角などの図形を書くと、こんな風にちょっとした音楽が出来上がります。

お絵描きするだけなので、楽譜が苦手な生徒でも楽しみながら音楽づくりができますよね。

本格的な旋律づくりには不向きですが、音楽創作への意欲や図形楽譜への興味をもたせることには役立ちそうです。

⑧PIANO ROLL(ピアノロール)

オルゴールや自動ピアノの紙製ロールから着想を得た自動演奏ツール。

ピアノロール授業アイディア

↑実際の操作画面(運命)

以下の5曲の演奏情報が入っていて、ピアノか電子音、自分の声で演奏させることができます。

・プレリュード
・トルコ行進曲
・交響曲第5番ハ短調(運命)
・メヌエット
・ジムノペディ1番

マイクで録音した自分の声で曲を演奏させたり、ロールを自分で動かしてリズムや速度を変えたり、楽しく遊べそうな感じ。

中学校では、「交響曲第5番ハ短調(運命)」を扱う際に、旋律やリズム、音の重なり合いなど音楽の構造を視覚的に理解させるのに役立つと思いました。

→私の授業実践例はこちら(ピアノロールについて少し触れています)

ピアノロールの画面を見せて、「この曲は何でしょう?」とクイズを出すのも面白そう。

⑨MELODY MAKER(メロディメーカー)

ポチポチ入力するだけで旋律づくりができるツール。

メロディメーカーの操作画面

↑実際の操作画面

前述のソングメーカーと似ていますが、こちらは基本的に単旋律しか作れません。(反復機能を使えば副旋律は可能)

ゆえに、操作は簡単で、音の入力とテンポの変更だけ覚えればOK。

より本格的な音楽づくりを行うならソングメーカーの方が良いですが、単純な旋律創作音程の上がり下がりの確認だけなら、メロディメーカーでも十分です。

歌唱授業の際に旋律を入力すれば、音程を視覚的に捉えさせることができるので、音取りの苦手な生徒には役立ちそう。

ただ、ソングメーカー同様、音は伸ばせませんので、悪しからず。

⑩CHORDS(和音)

ピアノの鍵盤上で和音(コード)の確認ができるツール。

cords操作画面

↑実際の操作画面

鍵盤を1音クリックすると、その音から始まる長三和音短三和音の鍵盤に色が付き、音が流れる仕組みとなっています。

和音の仕組みを学ぶのに活用できるのはもちろん、和音の音を生かした旋律づくりにも役立ちそうです。

→和音(コード)とは?種類と名称を分かりやすく解説!

まとめ Chrome Music Labで音楽授業をより豊かに!

さて、この記事ではChrome Music Lab特徴音楽授業における活用アイディアをご紹介しました。

何か取り入れてみたいツールはありましたか?

どのツールも遊びながら音や音楽の仕組みを学べるので、適切な方法で取り入れれば音楽授業の幅が広がると思います。

他にも面白いツールはあるので、ぜひご自身でいろいろと試してみてくださいね。

↓OSCILLATORS(発振器)の操作画面

記事内の画像・動画は、全てChrome Music Labから引用しました。

というわけで、今回の記事は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

音楽授業の指導案・ワークシートダウンロードはこちら


音楽の単発授業アイディア

授業の基本

2022/9/18

準備しておくと安心!音楽の単発授業ネタまとめ

元音楽教師めりーです。1時間で完結する簡単な音楽授業をご紹介します。 学校現場では、授業変更や補教等で、突然、授業を行わなければいけなくなることがありますよね? 年間指導計画に沿って、前もって授業準備を行っていれば問題ないのですが、実際はそうもいかず… 「急に音楽の授業をすることになったけど、何したらいいの?」と焦った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか? そこで、そのような事態に陥らないために、いくつかの単発授業ネタを持っておくことをおすすめします! この記事では、そんな音楽の単発授業をご紹介しま ...

ReadMore

ICT活用の音楽授業「調べ学習」

器楽・創作・ICT授業

2022/9/18

音楽授業における「調べ学習」のポイントとテーマ例

元音楽教師めりーです。ICT活用の定番「調べ学習」についてお話しします。 GIGAスクール構想により、ICTを活用した授業が求められる今、音楽の授業でどのように活用すべきか悩んでいる先生方は多いと思います。 そんな中、真っ先に思い付くタブレット活用方法は、「調べ学習」ではないでしょうか。 確かに、アプリをインストールするなど準備の必要がないので、手軽に授業の中に取り入れやすいですよね。 ですが、授業の中で「調べ学習」を行う際には、注意しなければならないことがあります。 そこで、この記事では、音楽授業におけ ...

ReadMore

授業の基本

2022/9/18

音楽教員の必需品!授業に役立つアイテム5選

元音楽教員めりーです。 この記事では、私の音楽教員生活の中で、「これは無くてはならない!」と思った授業アイテムを5つ厳選してご紹介します。 \教員生活全般で必要な持ち物はこちら/ 音楽授業に役立つアイテム5選 ①タイマー 授業中の活動時間を区切るためにタイマーは必須。 生徒の様子を見て「そろそろ終わりにしよう」なんて声をかけることもありますが、「活動時間はあと○○分」と明示している方が分かりやすく、生徒も活動に集中しやすくなります。 おすすめは、大きな表示で見やすく、黒板に貼れるマグネットタイプのものです ...

ReadMore

鑑賞授業

2022/9/18

「二枚目」も「修羅場」も!日常的に使われる、歌舞伎由来の言葉

元中学校音楽教師のめりーです。歌舞伎が由来とされている言葉をご紹介します。 \歌舞伎について詳しく知りたい方はこちら/ 一見、私たちの生活とはかけ離れているように感じる、歌舞伎。 ですが、普段当たり前のように使っている言葉には、歌舞伎を由来とするものが多くあります。 そこで、この記事では、そんな歌舞伎由来の言葉から特に馴染み深いものを厳選してご紹介します。 板に付く 「板に付く」とは、経験を積んで、動作や態度が地位・職業などに合うようになること。 元々は、 板=舞台 付く=しっくり合う という意味で、経験 ...

ReadMore

きらきら星変奏曲解説

鑑賞授業

2022/9/18

実は恋の歌!?モーツァルト作曲「きらきら星変奏曲」を解説!

元音楽教師めりーです。今回は、あの有名な「きらきら星」について解説します。 「きらきら星変奏曲」という名で知られる、こちらの音楽。 モーツァルトが作曲したことでも有名ですが、実はこの曲は、ある音楽の旋律を引用して作られたもので、原曲は他にあるのです。 では、その原曲とはいったいどのような音楽なのでしょうか? というわけで、この記事では、そんな「きらきら星変奏曲」の原曲やその他のアレンジ、演奏・鑑賞時のポイントをまとめてみました。 目次原曲は恋の歌!「きらきら星変奏曲」の正式名称は?→変奏曲とは?原曲『ああ ...

ReadMore

音楽授業におすすめのミニゲーム

ゲーム・クイズ

2022/9/18

音楽授業のスキマ時間におすすめのミニゲーム「ドレミでクラップ」

元音楽教師めりーです。この記事では音楽授業におすすめのミニゲームをご紹介します。 ほんの少しだけ授業時間が余ってしまった… どんよりした授業の雰囲気を変えたい… そんな時に私が取り入れていたのが、ミニゲーム「ドレミでクラップ」! 所要時間は1~3分ほどで、サクッと授業の雰囲気を和らげることのできる活動です。 やり方は非常に簡単で、何の準備もいらないので、授業で困ったその瞬間に取り入れることができますよ。 それでは「ドレミでクラップ」の進め方をご紹介します。 ミニゲーム「ドレミでクラップ」の進め方 ①生徒そ ...

ReadMore

世界の民族音楽授業案

常時活動

2022/9/18

世界の民族音楽を楽しく鑑賞!おすすめの常時活動「ミュージックトラベル」

元中学校音楽教師のめりーです。民族音楽の授業にお悩みの先生方に提案があります。 世界の諸民族音楽について、 ・数種類の音楽を鑑賞し、教師による説明を聞いて、感想を書く ・ホーミーやケチャなどの民族音楽をみんなで体験する という活動を軸に、1~2時間扱いの授業を行う先生が多いと思います。 ですが、1時間の中で数種類の音楽を立て続けに聴くと生徒は途中で飽きてしまいがち。 それに乗り気でない生徒に無理に活動を強要すれば、かえって音楽へのマイナスイメージは強まってしまいます。 そこで、私が提案したいのは、民族音楽 ...

ReadMore

早春賦の意味やポイントまとめ

歌唱授業

2022/9/18

「早春賦」歌詞の意味や作曲背景などポイント総まとめ!

元中学校音楽教師のめりーです。過去の授業経験を基に「早春賦」のポイントをご紹介します。 春を待ちわびている人々の思いや朗らかな風景を表現した日本の名曲「早春賦」。 教科書にも掲載されているので、今まさに授業準備をしている、あるいはテスト勉強中という方も多いと思います。 そこで、この記事では、「早春賦」の歌詞の意味や作曲背景など学習する際に役立つポイントをご紹介します。 学生の皆さんはもちろん、これから授業を行う先生方のお役に立てれば幸いです。 目次「早春賦」のポイント1.そもそも「早春賦」ってどういう意味 ...

ReadMore

-器楽・創作・ICT授業
-, , , ,

© 2022 めりー先生の音楽準備室